シリーズ


アガサ・レーズンの幻の新婚旅行 (コージーブックス)

村の老舗チーズ専門店を営むシャーロットが主人公。
チーズの解説や豆知識、レシピも満載!

名探偵のキッシュをひとつ (チーズ専門店)  チーズフォンデュと死の財宝 (チーズ専門店)  消えたカマンベールの秘密 (チーズ専門店 (3))  ブルーベリー・チーズは大誤算 (コージーブックス)

 

なんでもおいしいものが揃う、食料雑貨店〈ワイルド・クローバー〉。
なかでもおすすめは極上のはちみつ!
店主のストーリーはミツバチをこよなく愛す新米養蜂家。

ミツバチたちのとんだ災難 (はちみつ探偵)ツꀀツꀀツꀀツꀀツꀀツꀀ 家出ミツバチと森の魔女 (はちみつ探偵)ツꀀ ツꀀ ツꀀ ツꀀ泣きっ面にハチの大泥棒 (コージーブックス リ 1-3 はちみつ探偵 3) 女王バチの不機嫌な朝食 (コージーブックス) 

 

地元の人から愛されるドーナツ&コーヒーショップ〈ドーナツ・ハート〉。
毎朝5時半にオープンする店主スザンヌは、
ドーナツ作りと事件捜査に毎日大忙し!

午前二時のグレーズドーナツ (ドーナツ事件簿)ツꀀツꀀ ツꀀツꀀ 動かぬ証拠はレモンクリーム (ドーナツ事件簿)  雪のドーナツと時計台の謎 (ドーナツ事件簿)  エクレアと死を呼ぶ噂話 (コージーブックス) 誘拐されたドーナツレシピ (コージーブックス)

 

 

強引でおせっかいで、でもちょっぴりさみしがり屋。
53歳のアガサ・レーズンが、英国一美しいコッツウォルズの村で
くりひろげる痛快な引退生活。

アガサ・レーズンの困った料理 (英国ちいさな村の謎)  アガサ・レーズンと猫泥棒 (英国ちいさな村の謎)  アガサ・レーズンの完璧な裏庭 (コージーブックス)  アガサ・レーズンと貴族館の死 (コージーブックス) アガサ・レーズンの結婚式 (コージーブックス) アガサ・レーズンの幻の新婚旅行 (コージーブックス) アガサ・レーズンと死を呼ぶ泉 (コージーブックス)

series

 

英国王族のはしくれでありながら貧乏生活を送るジョージーは
隙間風吹きこむスコットランドの古城を飛び出し、ロンドンでメイドを始めることに!
おまけに、王妃さまから無理難題な秘密の任務を与えられ、
ジョージ―は毎回とんでもない事件に巻きこまれることになり!?

貧乏お嬢さま、メイドになる (コージーブックス) 貧乏お嬢さま、古書店へ行く (コージーブックス) 貧乏お嬢さま、空を舞う (コージーブックス) 貧乏お嬢さま、吸血鬼の城へ (コージーブックス) 貧乏お嬢さまと王妃の首飾り (コージーブックス)

 

series(アンティーク)

 

セオドシアがアメリカ屈指のティーブレンダ―と、一流の菓子職人の3人で切り盛りするティーショップは、いつも常連客でいっぱい。ところが、好奇心いっぱいでついつい世話を焼いてしまう性格から、殺人事件の捜査にまで首を突っこんでしまい……!? 推理の合間に登場する、種類豊富な紅茶と美味しそうなスイーツが大人気。意外なお茶の豆知識やレシピも満載!

オーガニック・ティーと黒ひげの杯 (コージーブックス) ローズ・ティーは昔の恋人に (コージーブックス) スイート・ティーは花嫁の復讐 (コージーブックス)

series

 

小さな田舎町にアンティーク調のカフェが開店。スザンヌをはじめ、少々訳ありのおばさま三人組が振る舞うのは、豊富な卵料理。自慢の料理のおかげで店は連日大賑わい。ところが、三人のもとにやってくるのはたくさんのお客様だけでなく、とんでもない事件まで……!? 〈お茶と探偵〉の人気著者によるシリーズ。

あったかスープと雪の森の罠 (コージーブックス) 保安官にとびきりの朝食を (コージーブックス) 幸せケーキは事件の火種 (コージーブックス)

 

series

 

 

NYの老舗コーヒーハウスを切り盛りするクレアは、ある殺人事件を解決してしまったのをきっかけに、次々と難事件に巻きこまれてしまい……? エスプレッソに焼きたてのお菓子。こだわりの味を守る老舗店を舞台に、焙煎したての満ち足りた香りが漂うミステリ。

謎を運ぶコーヒー・マフィン (コージーブックス) 聖夜の罪はカラメル・ラテ (コージーブックス) 億万長者の究極ブレンド (コージーブックス)

 

 

ハートに星に、ジンジャーマン……稀少なアンティークから新作まで、
あらゆるクッキーの抜型を取りそろえる〈ジンジャーブレッドハウス〉は
クッキー用品店。店主オリヴィアは、アインシングクッキーの天才職人
マディーを相棒に、難事件に挑む!

フラワークッキーと春の秘密 (クッキーと名推理)  野菜クッキーの意外な宿敵 (クッキーと名推理)  お菓子の家の大騒動 (コージーブックス ロ 1-3)

 

パリ警視庁のカプシーヌ警部は慣れない殺人事件の捜査で、頭を抱えるばかり。
おまけに任された捜査チームは変わり者の三人組で、口うるさい上司も悩みの種。
頼れるのは、冷静沈着なグルメ評論家の夫だけ!?
華々しい美食の裏側で起きる事件の真相を求めて、カプシーヌが縦横無尽にフランスを駆け巡る!

予約の消えた三つ星レストラン (パリのグルメ捜査官)  りんご酒と嘆きの休暇 (パリのグルメ捜査官)  美食家たちが消えていく (コージーブックス キ 1-3 パリのグルメ捜査官 3)

 

 

アンティークのボタンに陶器、絵葉書に
古い結婚式の写真――興味のない人にはただのガラクタでも、
蒐集家にはうっとりするような宝の山。
アンティーク雑貨の「拾い屋(ピッカー)」であるジェーンが、
鋭い観察眼で事件捜査に挑む!

掘り出し物には理由がある (アンティーク雑貨探偵)  ガラス瓶のなかの依頼人 (アンティーク雑貨探偵) まったなしの偽物鑑定 (コージーブックス) 月夜のかかしと宝探し (コージーブックス)

 

Comments are closed.

Get Adobe Flash player