3月刊のお知らせ


密室に乗客全員が容疑者……
寝台列車でまさに「あの事件」が起きて!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英国少女探偵の事件簿③
オリエント急行はお嬢さまの出番
ロビン・スティーヴンス/吉野山早苗訳

【あらすじ】
走る豪華ホテル――そんな夢のようなオリエント急行の旅に出ることになったヘイゼルとデイジー。たてつづけに殺人事件に巻き込まれた娘をトラブルから遠ざけるため、ヘイゼルの父は娘とその親友を夏のあいだ旅へ連れ出すことにしたのだ。唯一の約束は「二度と探偵ごっこをしないこと」。だが、それもまた殺人事件に出くわすまでのことだった。実業家の妻が鍵をかけた寝台で何者かに刺殺された。容疑者は乗客の七人。推理小説家、伯爵夫人、実業家、霊媒師、マジシャン、覆面捜査官、メイド――全員が容疑者で現場は密室、それに事件はユーゴスラヴィアで起こった! 何もかも、一年前に刊行されたアガサ・クリスティの小説『オリエント急行の殺人』にそっくり。ところが、車内で捜査権を握ることになったのは、たまたま乗り合わせた新米医師。アマチュア探偵としてかつぎだされた彼のお粗末な推理を聞くたび、ひそかに少女探偵たちの捜査は熱が帯びていく。子どもが首をつっこむことをよく思わない大人たちの目を盗み、問題集を解くふりをしては容疑者をリストアップ。そしてたどりついた犯人は……!?

************************

春とともに事件も到来!
家族と花嫁の幸せを守れるのか!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スープ専門店④
春のスープと悩める花嫁
コニー・アーチャー/羽田詩津子訳

【あらすじ】
ちいさな村に待望の春がきた。ラッキーは親友の結婚式の準備に大忙し。村人たちも久しぶりの住民の結婚式を喜んでいた。そんななか、ある女性がハーブで香り付けしたワインを飲んで急死してしまう。このハーブを用意したのはラッキーの祖父だった。さらに親友の実家近くの川で遺体が発見される。身元がわからなかったが、親友の兄ではないかという可能性が出てきた。自分のせいで人が死んでしまったのではないかと思い悩む祖父、家族を思って不安定になる親友。ラッキーはそんな二人を元気づけ、なんの心配もなく結婚式を挙げられるように真相を探る!

This entry was posted in これから出る本. Bookmark the permalink.
Get Adobe Flash player