1月刊のお知らせ


ホワイトハウスの厨房を離れたつかの間の休息。
しかしオリーを待っていたのは長年封印されてきた家族の過去だった――

休暇のシェフは故郷へ帰る (コージーブックス)

大統領の料理人⑥
休暇のシェフは故郷へ帰る
ジュリー・ハイジー/赤尾秀子訳

【あらすじ】
夏の休暇で実家に帰省したオリーは、ずっと聞けずにいた父の死について母  に問いかけた。そこで明かされたのは、長年信じてきた父親像を揺るがす事実……お父さんは立派な軍人じゃなかったの? 銃で殺されたうえに犯人も捕まっていないなんて! オリーは25年以上封じられてきた家族の謎に踏みこむ決意をする。一方、ホワイトハウスでも予想外の事態が。夏休み中の大統領の息子ジョシュアに料理を教えることになったオリー。しかし、ふと口にしたフード・エキスポにジョシュアが興味を持ってしまった。警備体制が整わないからと、オリーたちは変装して向かうことになり――!?

This entry was posted in 今月の新刊. Bookmark the permalink.
Get Adobe Flash player