11・12月刊のお知らせ


ジングルベルが奏でるミステリ・シリーズ第1弾!
年中無休、夢のようなクリスマスの町で事件発生!?

クリスマスも営業中? (コージーブックス)

赤鼻のトナカイの町①
クリスマスも営業中?
ヴィッキ・ディレイニー/寺尾まち子訳

【あらすじ】
雪の降り積もるルドルフの町。一年を通してクリスマスを祝う「クリスマスの町」として知名度はまだまだ低いけれど、ついに今年は有名旅行誌の記者が取材にやってきた! この機会を逃すまいと町の人々は一丸となって聖なる季節を盛り上げる。クリスマス雑貨店を経営するメリーもそのひとり。木の玩具に、きらめくオーナメント……職人たちがひとつひとつ丁寧に作ったかわいらしい雑貨に、お客さんが顔をほころばせる瞬間は何にもかえがたいものがあった。ところが、町が誇る大パレードが終わってほっとしたのもつかのま。旅行誌の記者が何者かに殺される事件が発生し、観光客が激減。このままでは多くの店が閉店に追いこまれてしまう! メリーは事件を解決して町に平和を取り戻そうと奮闘するものの……!?

 

チャールストンの町に現れた大胆不敵な窃盗団が登場!?
絢爛豪華な宝石がひしめくシリーズ第17弾

ロシアン・ティーと皇帝の至宝 (コージーブックス)
お茶と探偵⑰
ロシアン・ティーと皇帝の至宝
ローラ・チャイルズ/東野さやか訳

【あらすじ】
高級ジュエリーの展覧会に突然、一台の車が窓ガラスを破って侵入してきた。車から降り立つ覆面の三人組、客たちの悲鳴、そして煙幕――優雅な会場は強盗団の出現で一変。貴重な宝石は根こそぎ奪われ、あとにはたくさんの死傷者が残された。現場に居合わせたセオドシアは大胆不敵な犯行を前に、なすすべもなかった。折しもチャールストンの町では、ロシアの皇帝が作らせたという至宝「ファベルジェの卵」を展示する計画が。また不幸な犠牲者を出すわけにはいかない! でも今度ばかりはFBIも乗り出す国際的な組織犯罪。とても自分の手に負える事件ではないけれど、セオドシアは貴重な宝と大事な町を守るため、ある奇策で非情な強盗団と対決することに!

This entry was posted in 今月の新刊. Bookmark the permalink.
Get Adobe Flash player